異常飛行姿勢からの回復

← 勉強室メインに戻る

ACS/PTS・オペレーション分野 FAA 陸上単発ー飛行機
基礎計器飛行
該当する資格 自家用操縦士, 事業用操縦士, CFI
同分野の勉強ノート

基礎知識

このレッスンでは、ACSに基づき異常飛行姿勢からの回復に関連する要素について紹介します。1999年7月16日、JFK Jr.が飛行していた航空機が大西洋に墜落したとき、妻と義理の妹がともに亡くなる結果となりました。NTSBの調査では、機械的な誤動作の証拠は見つかりませんでした。推定原因は、「夜間の水上降下中にパイロットが飛行機の制御を維持できなかったことです。これは空間的な方向の乱れの結果でした」(または、以上姿勢から正しく回復操作を行えなかった)通常と異なる姿勢は、計器飛行に通常必要とされない飛行機の姿勢です。未修正の異常な態度は、適切かつ迅速に回復しないと、危険な状況になる可能性があります。

全般

  • 異常姿勢は意図的な操作によるものではないため、思いがけないことが多い
    • それに対する反応は、知的かつ故意ではなく、いっそ本能的であることが多い
      • 各人は通常、乱流状態、過度の速度、低い高度で危険に対しては尋常でない努力をもって反応する
    • クロスチェックによって異常姿勢を認識したとき、火急の問題は、どうして起きてしまったのかではなく、何が進行しているのか、また、できるだけ早く直進水平飛行に戻すことである

異常姿勢の状況 / 状態

  • 参照できる適切な視覚情報がないと、操縦士は航空機が異常な姿勢に突入することを意図せず許してしまうことがある
  • 異常姿勢はいくつもの原因によって引き起こされる、例えば;

 

  • 乱気流

 

  • コックピットタスクによる忙殺

 

  • 空間失調

 

  • 誤ったクロスチェック

 

  • 計器不具合

 

  • 計器の誤解釈

 

  • 混乱

 

  • 熟練度の不足

異常姿勢の認識

一般規則

  • 計器の変化量または基本的な計器飛行に関連のない計器の変化量を記録する場合、異常姿勢を疑い、機体の姿勢、計器の誤差、誤動作を確認するためのクロスチェックの速度を上げること
    • 計器のクロスチェックによって異常姿勢が判明した場合、当面の問題はそれがどのようにして陥ってしまったかではなく、機体が現在が何をしているかであり、そしてできるだけ早く直線水平飛行に戻す方法に焦点が当たる
    • 正しくないコントロールで異常姿勢の状態を悪化させないように、最初の計器の読み取りは正確でなければならない

機首上げの姿勢(上昇旋回)1.jpg

  • 高度計、昇降計、対気速度計、および姿勢指示器による動きの速度/方向で示される
    • 急速に減速する対気速度
    • 高度が急激に上がる(または目標高度より速く上げる)
    • 姿勢指示器は、バンクの情報を示す

機首下げの姿勢(らせん下降)

  • 同様の計器で表示されるが、反対の方向である2.jpg
    • 急速に増加する対気速度
    • 高度の急減(または目標高度より速く下降する)
    • 旋回釣合計はバンクの情報を表示する 
  • よくある間違い - 異常な飛行姿勢を認識できない
  • このエラーは、機器のクロスチェックと解釈の精度が悪いため引き起こされる
  • 通常と違う姿勢を取ったら、機体がどうしてこうなったという原因ではなく、どうやって回復するかを考えるように
    • 異常に大きいか、またはソフトなエンジンの駆動音と風音が原因の場合もある

回復操作

  • 異常姿勢においては、パイロットは通常、姿勢指示器で方向を変更できるが、この操作は行わないように
    • もし姿勢指示器がおかしな動作を示す場合は、表示可能限界を超えている可能性がある
      • 機械的な機能不全のために動作不能になった可能性がある
      • もし、おかしな動作でなくとも、または正しく動作していても、最大5度程度のピッチとバンクのエラーが発生する可能性がある
      • 極端な姿勢では計器を解釈することが難しい
  • 回復は、対気速度計、高度計、昇降計、旋回釣合計を参照して開始する必要がある
  • よくある間違い:計器の指示ではなく「感じる」ことで、異常姿勢から立ち直ろうとしている
    • 空間識失調を引き起こす最も危険な錯視は、内耳で受け取った情報によって生じる 
      • 内耳の運動系は騙され、虚偽感覚が生じる
    • 空間識失調は通常、異常姿勢において発生するので、飛行機の計器を信頼し、解釈しなければならない

機首上げの姿勢(上昇旋回)からの回復

  • もし対気速度が減少している場合: 
    • 1. エンジン出力を増加  
      • 出力の増加により対気速度の減少を止める
    • 2. エレベータに対して前方の舵圧力を加えて機首を下げる
       
      • 前方に倒すことでAOAを減らし、失速を防ぐ補助とする
    • 3. 旋回釣合計を参照して均衡のとれたエルロンとラダー調整を用いてバンクを修正する
       
      • AOAを減らす前にエルロンの入力操作を加えるとスピンが生じる
  • 上記の手順は、上から順に行われるが、実際はほぼ同時に行われる
  • よくある間違い回復操作中に不適切なコントロール手順を使用してしまう 
    • 回復操作を開始する前に、計器の指示を正確に解釈する
    • 回復手順を順に実行する
    • コントロール量は大きい場合もあるが、スムーズで積極的かつ迅速な調整が必要である
  • 初動の操作が入力された後は、適切な修正を行うために高速でクロスチェックを続けること
  • 水平飛行は次のように表示さる 
    • 高度計と姿勢指示器が反転して安定する
  • 均衡のとれた直進飛行は、次のように表示される 
    • 旋回釣合計の小型模型飛行機を水平に保ち、ガラス管内のボールを中央に維持する
  • よくある間違い - 水平飛行の姿勢を逸脱してしまっても計器表示に基づいてそれを認識できない
    • 姿勢指示器を用いる場合、小型模型飛行機が水平になると水平飛行の姿勢と読み取れる
    • 姿勢計を用いない場合対気速度計と高度計が反転して安定することで水平飛行であると読み取れる

機首下げ(らせん下降)からの回復

  • もし対気速度が上がっている場合: 
    • 1. エンジン出力をアイドルまで絞る 
    • 2. 翼を水平にする 
      • 旋回釣合計を参照して均衡のとれたエルロンとラダー調整を用いてバンクを修正する
    • 3. 滑らかなバックエレベータ圧力を加えて、飛行姿勢を水平に上げる 
      • バンクを減らさずにピッチ姿勢を増やすと、飛行機のGが過剰になる
        • 本能的な反応は、コントロールを引き戻すこと
        • バンクを取り除くと、水平飛行に戻るために必要な操作入力の量が減少する
      • 飛行機に過度の負荷を与えないように、機首を滑らかに上げる

指定された順序で、リストを手順通り実行する必要がある

よくある間違い  回復操作中に不適切なコントロール手順を使用してしまう 

  • 回復操作を開始する前に、計器の指示を正確に解釈する
  • 回復手順を順に実行する
  • コントロール量は大きい場合もあるが、スムーズで積極的かつ迅速な調整が必要である

初動の操作が入力された後は、適切な修正を行うために高速でクロスチェックを続けること

  • 均衡のとれた直進飛行は、高度計と対気速度計の針が止まりつつあるか反対方向を示しつつある 
  • 対気速度が通常速度に戻る場合は、巡航用のエンジン出力に設定する

よくある間違い - 水平飛行の姿勢を逸脱してしまっても計器表示に基づいてそれを認識できない

  • 姿勢指示器を用いる場合 、小型模型飛行機が水平になると水平飛行の姿勢と読み取れ
  • 姿勢計を用いない場合 対気速度計と高度計が反転して安定することで水平飛行であると読み取れる

回復操作中の均衡のとり方

  • 姿勢指示器と旋回釣合計を確認して、均衡のとれた直線飛行(翼は水平、ボールは中央)を決定する必要がある
    • スキッドとスリップの感覚は、空間識失調を容易に悪化させ、回復を遅らせる
    • 機首が低い状態からの回復操作には過剰なGがかかる

完成基準

訓練生は、異常飛行姿勢がどのように発生するということと、機首が低いまたは高い異常飛行姿勢に対する適切な回復手順を理解します。

よくある間違い

  • 異常な飛行姿勢を認識できない
  • 計器の指示ではなく「体幹」によって異常な飛行姿勢からの回復を試みる
  • 復行中の不適切な操作入力
  • 計器の表示から、機体の姿勢が水平飛行から逸脱を始めていることを認識できない

成功のポイント

本レッスンの主な項目をレビューすること

異常姿勢から回復するときは、姿勢指示器を無視し、対気速度計、高度計、旋回釣合計、機首方位計、および昇降計を使用して航空機の姿勢を決定する必要があります。飛行機に損傷を与えたり、失速を引き起こしたりしないように、迅速かつ正しい順序で回復する必要があります。

レビュー

  1. 異常な飛行姿勢をもたらす可能性のある状態および状況について
  2. 2つの基本的な異常な飛行姿勢 - 機首上げ(上昇旋回)と機首下げ(下降旋回)について
  3. 異常な飛行姿勢がどのように認識されるかについて
  4. 機首の高い姿勢から回復するための制御シーケンスとその理由について
  5. 機首の低い姿勢から回復するための制御シーケンスとその理由について
  6. 異常な飛行姿勢の回復中に制御を調整する必要がある理由について

参考資料

  • FAA-H-8083-9 
  • FAA-H-8083-15