エレベータートリム・ストール(デモのみ)

基礎知識

このレッスンでは、エレベータートリムストールに関連する要素と、安全なゴーアラウンド(着陸復航)を実行する際の知識を紹介します。機首上げのトリムを大きくしてフルパワーを適用しつつ着陸を続行すると、操縦士が正しく対処する方法を知らない場合、致命的な結果になる可能性があります。このマニューバは、ゴーアラウンドのためにフルパワーが適用される際、積極的に機体制御制御が維持されない場合に起こり得ることを示しています。このような状況は、通常のアプローチからの復行中または離陸直後に発生する可能性があります。このレッスンの目的は、スムーズなエンジン出力の適用、強いトリム作用の克服、安全な飛行姿勢を保つための積極的な機体制御の維持、適切なトリム技術の使用の重要性を示すことです。

1.jpg

空力

基本

  • 失速は、翼上の滑らかな空気の流れが中断され、揚力が急激に減少したときに発生する
    • これは、翼が臨界迎角(AoA)を超えると発生する
  • あらゆる対気速度、姿勢、エンジン出力設定で発生する可能性がある

詳細

  • AoAが約15-20度に増加すると、空気は翼の上部曲率に追従できなくなる1.png
    • これが臨界迎角(クリティカルAoA)である
  • 臨界迎角に近づくと、空気が翼上面の背面から分離し始める
    • AoAがさらに増加すると、空気の流れは強制的にまっすぐに流れる
      • これにより、上面を流れようとする空気の渦が発生する
  • 臨界迎角に達すると、乱気流が上部翼全体に広がる
    • これにより、上面の圧力が急激に増加し、揚力が減少する
      • 揚力の低下と形状抵抗の増加(翼/胴体の広い領域が乱気流に曝される)のため、残りの揚力は飛行機と翼の失速へ対応できない

失速特性3.png

  • ほとんどの翼は、根元から先端に向かって徐々に外側に失速するように設計されている
    • これは、ウォッシュアウト付きの翼を設計することによって行われる - 翼端は、根よりも取付角(AoI)が小さくなっている
  • 取付角(AoI:Angle of Incident) – 翼の翼弦と飛行機の縦軸の間の角度のこと
    • 翼の先端は翼根よりもAoAが小さい
      • これは、エルロンが高いAoAでも有効であり、飛行機の失速特性がより安定しているためである

エレベータトリムストールの詳細

  • ゴーアラウンドを行う場合、最大エンジン出力が適用されると、機首が急激に上がり、左方向へ曲がり始める
    • これは、推力、トルク、バックエレベータートリムの力が組み合わさったためである
      • これらが制御されていない場合、過度の機首上げピッチは失速につながる

操作

  • 操縦前チェックリスト
  • クリアリングターン
  • 高度
    • 1,500 ’AGL以上で回復

操作開始までの設定

  • 着陸構成
    • 機体を整えて進入速度を維持する
  • よくある間違い - 操作開始前に選択した構成を確立できない
  • 操作のデモンストレーションにはノーズアップトリムが必要である
  • 安全であれば、完全なノーズアップトリムを示して、最悪のシナリオを訓練生に示すことができる

操作の実行

  • ゴーアラウンドで行われるのと同じように、エンジンを最大出力まで全開にする
    • スラスト、トルク、バックエレベータートリムにより、機首が急に上がり、左へ曲がり始める
      • これら力を制御するための適切な制御圧力が維持されない場合、ピッチ姿勢は通常の姿勢よりも高くなり、臨界迎角を超えて失速に陥る

3.jpg

  • ポジティブコントロールなしで何が起こり得るかを示すためにも、上記状況が発生した際にすぐ修正を行うべきではない
  • 失速が差し迫っていることを認識すること
    • ストール警告ホーンとバフェッティング(振動)
    • 対気速度の急激な低下と相まって、迅速なピッチアップの姿勢

回復

  • 機体を通常の上昇姿勢に戻すには、エレベータに前方圧力を加える必要がある
    • この姿勢で機体を保持している間、トリム設定を元に戻す必要がある。通常のゴーアラウンドとレベルオフの手順を完了させる
  • 実際のゴーアラウンド中にフルストールが発生しないことが重要である
  • よくある間違い - ゴーアラウンドやその他の操縦中のトルクやアップエレベータートリムの不十分な修正の危険性を示すシミュレーションを、模擬学生へ適切に提示失敗
    • トルクとアップエレベータトリムの不十分な修正は、失速を引き起こし、おそらくスピンも発生する
    • 機体操作の調整を続けつつ、機首を下げて制御を維持する(必要に応じて再トリムしつつ)
  • よくある間違い - 状況の認識とその状況からの回復が不適切かつ不十分なデモンストレーション

よくある間違い

  • ゴーアラウンドやその他の操作中のトルクと上昇エレベータートリムの不十分な修正の危険性を模擬学生に適切に掲示できない
  • 入力前に選択した構成を確立できない
  • 認識と回復の不適切または不十分なデモンストレーション

完成基準

訓練生は機体を失速させることなく、機体姿勢の意図しない変更を修正して、適切かつ安全にゴーアラウンド手順を実行できます。

成功のポイント

本レッスンの各項目をレビューすること

操縦士は、着陸復行に伴うエレベータートリムストールの危険を理解することが非常に重要です。積極的な機体制御が維持されない場合に伴うリスクを理解することにより、将来の飛行はより安全になります。

レビュー

  1. エレベータートリムストールの空気力学について
  2. ゴーアラウンドおよびその他の関連する操縦中の推力、トルク、および上昇エレベータートリムを補償するための不適切な制御圧力の危険について
  3. 操作開始手順と最低開始高度について
  4. エレベータートリムストールの認識について
  5. 認識され次第、エレベータートリムストールから回復することの重要性について

参考資料

  • FAA-H-8083-3
  • POH/AFM